安い金利で利用出来るおまとめローンの弱点

複数のキャッシング会社から複数の借入がある人にとっては、おまとめローンは利用することができれば大きなメリットがあります。複数の返済日や複数の金利などで借入や返済の管理が大変であるものが、一つにまとめられたり金利が低くなったりします。ただし、おまとめローンは利用できればという前提条件はかならず付いてきます。おまとめローンの審査に通らなければおまとめローンのメリットは絵にかいた餅なのです。

おまとめローンの審査は普通の審査よりも厳しくなっています。複数の借入を持っている人はそれだけで多重債務者でありますし、複数の借入を一本化すれば金額が大きくなるので融資をする方としては慎重にならざるを得ないのです。

ではどのような人がおまとめローンを利用できるかと言えば、前の借入の時よりも信用度がアップしている人が中心となります。信用度がアップしている人と言うのは具体的には収入がアップしたとか、非正規から正規社員になったなどがあげられます。

キャッシングの金利計算についてよく理解する

キャッシングの利息というのは、基本的に年利を見ることから始まります。つまりは、そこから月の利率にする必要がありますし、更に言えば日割り計算もすることになります。

これはほぼ自動で業者がやってくれることではありますし、一日の金利、利率というのをそこまで意識している必要もないのですがやり方と方法は理解しておいたほうがよいでしょう。お金を借りる時には少しでも金利を抑えるのが基本であり、これはキャッシングにも同じことが言えるからです。

ちなみに最近では無利息の期間を作っているところも多くなっています。つまりは、細かい条件はあるにしても無利息で貸してくれる可能性があるわけです。これは元金だけ偏差すればよい、ということですから、極めてお勧め出来る利用法であるといえます。

但し、それでも元金は当然ながら返済することになりますから、借りすぎないようにするのは基本です。本当に必要な分を借りることです。

それが上手く使うコツになります。

低金利でキャッシングするための業者選択

キャッシングは銀行ローンを利用する事をお勧めします。銀行ローンならば消費者金融でキャッシングの借り入れをするより低金利で借り入れができるからです。正規な銀行から借り入れするので銀行からの信用もなくなることなく利用できなおかつ利用したと言う実績が残り今後の取引なので借り入れ審査など多くの面で消費者金融を利用している人より世紀の銀行を利用した方が圧倒的に有利になるからです。

銀行のローンは審査がかかり時間がかかると言う方にも対応したサービスがあります即日借り入れ可能な銀行のカードローンといったサービスです。通常の金利より少し高くはなりますが、それでも消費者金融から借り入れをする金利よりはるかに安く利用するのにはちょうどいいのでではないでしょうか。

銀行からの信用はかなり大事で消費者金融を利用したと言う実績があるのならば少なくとも数年は銀行からの融資を受けれないと言った不利な状況になってしまうためなるべく銀行のローンを利用することを私はお勧めします。

キャッシングの金利計算方法を解説

消費者金融の金利計算は日割計算です。毎日金利を計算して元本に積み上げていくため、案外金額が大きくなってしまうことが多いです。ただし、金利の計算が日割計算だという事を知っていると、なぜ消費者金融の賢い利用方法として繰上返済が必要かを知ることができます。

繰上返済をすると、元本を返済することになりますから、カードローンなどの残高を少なくすることができます。毎月の定額の返済額は少額ですから、1か月の計算された利息の金額にしかならないことが多いのです。これが、いつまで経っても元本が減らないと言われる理由です。しかし、繰上返済をすることで元本が少なくなれば、その翌日から計算される毎日の利息の金額は少なくなるのです。

同時に、利用するのも1日でも遅い方がいいわけです。大手消費者金融では、ローンカードでキャッシングするだけではなく、自分名義の銀行口座に借りたお金を振り込んでくれます。そのため、クレジットカードの決済日に銀行預金の残高が足りない場合であれば、その日に振込んでもらうことで利息の金額を少しでも少額にすることが可能です。

幹線道路の真ん中で財布と鍵を拾う

今日車を運転してショッピングセンターへ向かっていたところ道路の真ん中に何か落ちているのに気づきました。なんか財布っぽいような感じがしてその場所に引き返したところ財布と自宅用の鍵でした。

近くに交番があったので財布の中身など確認せずそのままの状態で届けました。財布の中身は数千円、身分証明書などのカード類はないため現段階では身元がわかりませんが鍵にはアパート名が記載しておりました。

それで私の住所、連絡先、拾った場所などを警察官の方に説明して帰りました。するとその日の夜落とした方からお礼の電話がありバイクで走行中にズボンのポケットから財布と鍵を落としたようです。そして私の自宅にお礼としてビールやお菓子まで持ってきてくれました。まあ何はともあれよかった。困った人の助けになれてすがすがしい一日になりました。

夏休みのおわりと見上げた空の雲

今年の夏はとても短かったように思います。

なかなか梅雨は明けなくて、いつまでたっても雨模様。

そうは言っても合間を縫って降り注ぐ光は

熱くて肌が焦がされるようでした。

もう随分前に社会人として暮らし始めたわたしには、

学生時代のような長い夏休みはありません。

その中で一番夏を感じることができるのは朝のニュースで

日の出が早くなったのを感じる時。

ああ、今年も夏がやってきて、

いつかの夏休みを思い出すような蝉の鳴き声が

窓の外から聞こえ出す。

もうラジオ体操に行く為に母親に怒られながら

起こされることもないし、

自由研究にも参考書にも悩まされることもないけれど、

戻ることない夏休みの記憶に励まされながら

顔だけスーパーウォータープルーフにしたわたしは

嫌でも毎日のように駅までの道のりを歩きます。

それでもね、今朝はふと空を見上げたら…

あんなにも鮮やかなだった入道雲はもういませんでした。

気付けばここ数週間よく現れていた台風に

夏は全て持っていかれてしまったみたいですね。

少し寂しいけどしばしのお別れです。

また、来年の夏を待ちわびて。