在籍確認の電話連絡は恐れるに足りません

カードローンの審査に際して、避けて通れないのが職場への在籍確認の電話連絡です。

お金を貸す側も、申し込み者が申し込み書に記載された職場で本当に働いているか確認した後でなければお金は貸せないというわけです。

電話と言ってもそんなに心配することはありません。

たいていの金融機関では、コールセンターに電話をかければ、電話をかける時間帯や男女の指定など打ち合わせが可能です。

銀行は銀行名で電話をかけて来るので、職場の方にクレジットカードの確認の電話があると伝えておけぱ大丈夫でしょう。

どうしても電話が困るという方は、コールセンターに電話をかけ社員証や給与明細を提出することにより在籍確認が省略できるかお尋ね下さい。

大手消費者金融なら認められる場合があります。

消費者金融が審査を行う理由

キャッシングやカードローンなど、消費者金融が提供するサービスを利用するには申し込み内容に応じた審査を受ける必要があります。消費者金融が特に注意深く審査をするポイントは主に、本人確認と返済能力の確認です。本人確認とはそのまま、申し込みを行ったのが提出された情報にある当人なのかどうかを調べることです。

当たり前のことのように感じられるかも知れませんが、消費者金融にとって他人の名義でお金を借りられてしまうのは致命的な問題となりますし、その裏には犯罪行為が絡んでいる可能性も高いため本人確認は極めて重要となっています。もう一つのポイントとなる返済能力の確認は、基本的には申し込みをした人の職業と信用情報の調査によって行われます。職業に関しては、職種や年収額ではなく定期の安定収入があるかどうかがもっとも重視されます。

たとえ年収が十分であっても、収入の間隔が不安定な自営業やフリーランスは評価が低くなってしまう傾向がある点は覚えておきましょう。信用情報とは過去の借入や返済の記録をまとめたもので、この情報は各金融機関の垣根を超えて共有されています。たとえ別の消費者金融であっても、過去に返済を延滞した経験があると審査に反映されてしまうので注意しましょう。

おまとめローンの使い方は難しいと知っておきましょう

複数の金融業者からの借入がある場合には、おまとめローンを利用して借入を一本化すれば、金利も引き下げられて良いとされています。しかし、正式におまとめローンと呼べるのは、貸金業法に基づく総量規制の例外としての借り換えのみです。総量規制の例外として認められているのは、債務者に一方的に有利な借り換えであって、よくある例として借り換えにより金利が引き下げられる場合が該当します。利息制限法で定められている法定金利は、100万円以上では15%まで引き下げられるので、複数の借入先が15%を超える金利設定ならば、おまとめローンを利用するメリットが得られます。

しかし、おまとめローンを利用して借り換えを行った場合には、追加借入が完済まで認められないという自主規制が業界内で行われていることを知っておかなければなりません。突発的に発生する法事や緊急時の支出については、別途貯蓄を行っておく必要があります。手元に20万円程度の現金を残した状態でおまとめローンの返済を継続して行けるだけの収入と返済計画に対する余裕が必要となるわけです。おまとめローンの審査が厳しいとされているのは、低金利で融資を行なうことになるので、貸し倒れリスクを警戒して自然と審査が厳しくなるからです。

即日キャッシングができる消費者金融まとめ

消費者金融のカードローンは、銀行系カードローンと比較すると、審査スピードが早い傾向があり、急いでカードローン契約をしてキャッシングしたいという場合に向いている金融サービスだといえます。即日キャッシングが可能な消費者金融とそのカードローンの情報について、詳しく見ていきましょう。

・アコムのカードローン

WEBや無人契約機などから申込を行うことで最短即日キャッシングが可能です。なお、振込キャッシングを利用する場合には、楽天銀行の普通預金口座に対して即日振込サービスが利用できるので、楽天銀行の口座を持っている人には特におすすめです。

・プロミスのカードローン

WEBや無人契約機から申込をすれば最短即日キャッシングができます。プロミスのカードローンも三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座に振込キャッシングをする場合には即時振込サービスが利用できます。

・アイフルのカードローン

アイフルではWEBで申込をした後、アイフルのフリーダイヤルへ電話をすることで、優先的に審査を進めてもらえます。特に急いでる場合には申込後に忘れずに電話をかけましょう。

・モビットのカードローン

モビットのカードローンはWEB完結申込みをすることで職場への在籍確認の電話を省いての契約が可能です。職場へ電話をかけてほしくない場合には、モビットのカードローンがおすすめです。

キャッシングの審査には返済能力が重要です

キャッシングは銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りられるサービスです。
スマートフォンからでも申し込みができて、ATMを利用しなくても自分の口座に直接、入金してもらえるなど利便性がとても高いサービスです。
特に、消費者金融系のキャッシングサービスは非正規雇用で働いている方も申し込みをすることができるので、もしものときのお金の借入先として大きな人気を得ています。

キャッシングサービスへの申し込みで気を付けておかなければならないのは審査があることです。正規雇用で働いていなくとも申し込みはできますが、審査は厳正に行われています。
このキャッシングの審査に合格するには申し込みをした方の返済能力が大きく関係していると言われています。
キャッシングに申し込みをする際には担保も連帯保証人も用意する必要はありません。このため、申し込みをした方の返済能力が審査に合格するために重要となってくるのです。

収入が安定している正規雇用で働いている方であっても、他に大きな借金などがあると返済能力を疑われてしまい審査に合格できないこともあるのです。
その一方、借金などが無く、安定した収入があり、返済能力があればアルバイトで働いていてもパートタイムで働いていても審査に合格することが可能となるのです。

東京のおまとめ専用の貸金業者とは?

多重債務者にとって、返済軽減には借金の1本化できるかどうかが大問題です。しかしおまとめローンはなかなか審査が厳しく、大手金融機関でのおまとめは困難かもしれません。そんな時にお役に立つのがユーファイナンスのビッグローンです。

ユーファイナンスの特徴は、他社借入が10社までOKと実に太っ腹なところです。さすがに10社から借入のある方は少ないでしょうが、5社程度なら十分ありえます。そして5社から借入があれぱ、ほとんどの金融機関では貸してもらえないでしょう。

ユーファイナンスのビッグローンの基本スペックは、融資額が100万円~700万円で、金利が年7.3~15%となっています。ユーファイナンスは貸金業者なので総量規制の対象となりますが、ビッグローンは貸金業法に基づく借り手に一方的に有利になる借入なので、総量規制の対象とはなりません。

ビッグローンへの申込は、ネットまたは来店予約の上来店申込となります。なおネット申込は24時間OKですが、第1次審査通過後本人確認書類と収入証明書類を持参して来店審査を受ける必要があります。なおユーファイナンスの所在地は東京都台東区で、営業時間は平日10~18時、第2.4土曜日15時までとなっています。ですから実際は東京都近郊にお住まいの方のみ利用できることになります。

おまとめローンよりも銀行カードローンが有利な理由を知る

複数の貸金業者から借入れがある場合には、総量規制に抵触するために新たな借入れを消費者金融や信販会社から出来ないケースがあります。しかし、複数の借入れがあると返済管理が難しいだけでなく、つい借入れによる返済をおこないがちです。おまとめローンならば、総量規制の例外として借り換えが認められているので、金利引下げ効果と返済の一本化を狙って借り換えを行なう人が少なくありません。しかし、おまとめローンを一度利用すると、完済までの間は貸金業者による自主規制が働いてしまい、追加借入れを認めてもらえない状態になります。おまとめローンを利用する際には、絶対に追加借入れを希望しない覚悟と並行して貯蓄が出来る強い精神力が必要です。

一方、銀行カードローンならば、銀行法という貸金業法とは別の法律に基づく営業が行われているので、総量規制対象外です。おまとめローンと同じ利用限度額設定がされれば、返済中に入院や突発的な支出が重なった時に、一時的な追加借入れも可能です。銀行カードローンは、あくまでも一般的なカードローンであって、おまとめローンとは異なりいつでも好きな時に追加借入れと返済が出来ます。つい借入れを行いすぎないように気をつけつつも、返済を急ぐことが可能です。

アルバイトやパートで収入を得ている方は源泉徴収票を貰ったほうが良い!

今では、銀行や消費者金融もアルバイトやパートで収入を得ている方に融資を行っています。そのため、主婦や学生でも利用することが出来ます。ただし、契約を行う際、本人確認書類だけでなく、所得証明書類の提出が必要となっています。パートやアルバイトの場合、毎月の給与明細を準備すれば良いと考えてしまいますが、要求されるのは直近2ヶ月分が一般的です。そのため、シフト制で勤務時間が少なかった時期に申し込んでしまった場合、収入が少なく見積もられてしまうというデメリットがあります。

また、収入が不安定と見做されてしまい、審査が厳しくなる可能性があります。そこで、所得証明書類としておすすめなのが、源泉徴収票となります。パートやアルバイトで源泉徴収票は馴染みがないものの、勤務先に発行を請求することが可能です。源泉徴収票と聞くと、所得税や住民税の計算がされるイメージがあるものの、税金の発生が無くとも発行されることとなります。また、源泉徴収票の場合、1年分の収入が合算されるため、単月当たりの計算上の収入よりも安定した収入があることを証明することが出来ます。より、好条件で借り入れを行いたい場合は、年末調整時期以外でも源泉徴収票を発行してもらった上で、キャシング契約をすることがおすすめになります。

おまとめローンの利用目的を理解しよう

おまとめローンを利用する人にとっては、複数の借入先を1本化することにより、利息制限法に定められた上限金利が18%から15%になる100万円以上の利用限度額設定を目指すことに意味があります。合計借入額が100万円未満であったり、おまとめローンによって金利が下がらなければ、そもそも借り換える意味が無いと考えられるわけです。おまとめローンの中には15%を更に下回る金利設定を行っている商品もあるので、審査状況次第では一気に低金利な金融商品への借り換えが実現するでしょう。

しかし、おまとめローンを利用する目的は、金利引下げ効果だけではありません。貸金業法に基づくおまとめローンならば、総量規制を超える年収1/3以上の金額についても借り換えが出来るだけでなく、返済期日を1つに絞ることが出来るので、返済計画を具体的に立てやすくなる効果が見込めます。また、おまとめローン利用中は、業界内の自主規制により他社からの借入が出来ないことになっているので、完済までの期間は返済に集中可能です。追加借入が出来ないことから、いざという時のために貯蓄を並行して行う人も多く、ある程度貯蓄が増えた段階で一括返済が可能となるわけです。